NLaEnMの日記

雑多。主に身内向けで真面目な話からふざけたものまで書いてます。

「ゲームミュージックは語られない」問題

先日知人と何気ない会話をしていた時である。ゲーム関連の話題だったので、かねてより疑問に思っていたことを口にしてみた。

「良いゲームは曲とかBGMも素晴らしいものが多いけど感想とかでそういう話をあまり聞かないのはなんでなんだろうね?」

気に入ったゲームはすぐにサントラを買ってしまうくらいにはゲームにおける音楽を重要視している私なので、以前から気になっていたのである。だが、それに対する返答はこのようなものであった。

「良いゲームは曲も良くて当然だからじゃね」

 

そうきたか。しかしそういう言葉が自然と出てきた以上、世間的にはそんな程度の認識なのかもしれない。

 

しかし。

 

その思想異議ありナマステ~~~~~~~wwwwww
       ∩
       \\
       /  )
⊂\_/ ̄ ̄ ̄  /
 \_/ ՞ةڼ◔(
   )    /⌒\
  /  ___/⌒\⊃
 (  /
  \\
   ∪

 

私はその風潮に待ったをかけたい。

残念ながらそれは私には容認できないのだ。オタクなので。

今回はその理由について簡単にお話しようと思う。そしてこの記事を見てくれた人が少しでも「良いと思ったものについてはもっとたくさん発信していこう」と思ってくれれば私としても嬉しい。

 

 

ゲームミュージックはシナリオの調味料

自分でももう少しいい例えあるだろと分かってはいるものの、語彙力が限界だったのでお許しを。

以前、ある配信者がこんなことを言っていたのを今でも覚えている。

「私こういうゲームする時はBGM切るんですよ。だって現実はBGMなんて鳴らないでしょ」と。(ちなみにこの方がプレイしていたのは某恋愛シミュレーションゲーム)

これを聞いた時、私は言葉を失った。もちろんゲームには人それぞれの楽しみ方があって然るべきだし、その方の楽しみ方を否定する気もない。しかし、製作スタッフがその時々の雰囲気に合うよう工夫を凝らして作ったモノをそもそも聴きもしないという選択肢は私にはなかったのだ。

まったりした日常の象徴ともいえる曲、拠点での和やかな曲、強敵との闘いにおけるアツい曲、別離の悲愴な曲、等々他にも様々な曲調のBGMがあるはず。それらはそれぞれの場面にシンクロするかのように極めて精巧に作られている。見出しには「シナリオ」と書いたが、シナリオがなくても同じだ。その場面を引き立たせるためのモノであることには変わりない。

いわば、引き立て役。その時々のシーンを際立たせるためだけに存在するものである。

あるいは、対象が場面ではなくキャラクターということもある。キャラクター専用BGMというやつだ。キャラクターの象徴となることもあり、一番親しみやすいケースではないだろうか。

ちなみに、どんなゲームにもBGMが流れない瞬間というのは確かにあると思うが、その点に関しては「製作側が十分に吟味した上で音楽を流さないことが最も雰囲気に合うと判断した」結果だと考えている。

実際にやったことはないが、私なんかがBGMを切ってゲームをプレイしたらどんなものであれ味気なく感じてしまうのではないだろうか。

 

 

ゲームミュージックは思い出の起爆剤

やっぱ詩的な言い回し向いてないっぽい...。

さて気を取り直して、何が言いたいかというと。というか前回の記事と内容が被ってるのだけれど、ゲームプレイ後に音楽だけ聴くと様々なシーンが脳裏に蘇ってくるとかそういう経験ない?ないなら一度やってみてほしい。サントラを買うまでしなくても、ゲーム内のサウンドライブラリから聴いてみるとか。漠然とでも、「あ~これあの時の曲かな」とかなるはず。そんな感じで、ゲームミュージックは思い入れのある場面と結び付けてくれる訳ね。

これはシナリオの有無に関わらず起こりうるものではないだろうか。難所のステージほどバックでかかってる曲を覚えてるとかね(この例は何度もループで聴いてたから覚えてしまった等の要因も大いにあり得るが)。

クリアしてから年単位で触れてないゲームでも曲を聴けば当時の思いが蘇るとかあるあるだと思ったのだけれど。私が専らシナリオゲーばかりやっているせいかもしれないが。

 

 

そもそも良いモノなら何であれ共有すべき

これはゲームミュージックに留まらない内容だと思う。そもそも「曲が良くて当然」という意見は、「曲が良い」ということを知っていなければ生まれない意見である。

何が言いたいかというと、まあ見出しの通りだ。「良いモノはじゃんじゃん共有していこう」と。分かっているなら、シナリオとかだけじゃなく、曲の話もしよう。

Twitter等で見るゲームの感想といえば、ゲーム性かシナリオくらいなものである。音楽に限らず、もっと様々な視点があると思う。綺麗な絵とか、リアリティのあるグラフィックとか、各所に仕込まれた小ネタ要素が面白かっただとか。

オタク。そういうことはもっと言おう。たくさん言おう。そういう声はきっと作ってくださった方々に届くから。あるいはまだ見ぬ人々の興味の種になるかもしれないから。ね。

 

 

 

と、ここまで書いてみたわけだが。

やっぱり思ってることを文章として書き残すというのは難しい。

ゲームに限らず映画、ドラマ、アニメにおいても同様の理由でサントラが重要な要素の一つだとかそんな話もしたかったけど長い上に内容がほぼ変わらないので割愛。

さて、こうしてもっとゲームミュージックの感想について表現してほしい理由を私なりに書き起こしてみた訳だけれども、実はもう一つ、極めて個人的な理由があって。

それは「皆が良いと思ったものを自分も知りたい」、ただそれだけ。

 

何故ってそりゃあ、人生は有限だからね。「もっと早く出会えてたら良かったのに」ってなるのはできるだけ避けたい。

 

 

そんなわけで是非、ゲームの感想は余すところなくネットの海にでも放流してくれると嬉しいなと思った次第でありました。

 

貴方が出会った素敵な楽曲への思い、勇気を出して形にしてみよう。きっと誰かしらの目には留まるだろうから。