NLaEnMの日記

雑多。真面目な話からふざけたものまで。

劇場版 over load→聖者の死

…?

 

随分な姿じゃのう綺礼よ。

幕じゃな、慈悲をくれてやるがよい、アサシン。

 

今思い出すことではないが、自分は生まれながらに欠陥している。

私にとって幸福とは苦しみであり、絶望こそが喜びだった。

私自身その在り方が生き物として悪しきものだと理解していた。

酷い欠陥だ。外道であっても良識が備わっていたのだ。

私はそれを正したいと思い、努力をした。

その最後の試みに、一人の女を愛した。

正確にはそうできたらいいと願って、愛そうとし、子もなした。

その結果、

 

私には、お前を愛せなかった。

いいえ、貴方は私を愛しています。

 

…!

宝具、妄想心音。

 

終わったな。

フッフッ…!?貴様、まさか!

ギ────!

 

ぬ…!?

 

告げる。

私が殺す。私が生かす。私が傷つけ私が癒す。我が手を逃れうる者は一人もいない。我が目の届かぬ者は一人もいない。

おのれ貴様貴様ァ…!

打ち砕かれよ。

敗れた者、老いた者を私が招く。私に委ね、私に学び、私に従え。

そうか、ワシを殺すか!

休息を。唄を忘れず、祈りを忘れず、私を忘れず、私は軽く、あらゆる重みを忘れさせる。

休息は私の手に。貴方の罪に油を注ぎ印を記そう。永遠の命は、死の中でこそ与えられる。

許しはここに。受肉した私が誓う。

ハハハ、それで何が変わる、貴様に救いなどないぞ…!

"この魂に憐れみを"

 

経典の聖言による、霊体そのものへの攻撃か。魔術師殿には天敵だったと言うわけだ。

そして貴様、既に汚染されていたな。

チ、これは私の失態だ。

 

ほら。貴方、泣いているもの。

 

それは勘違いだ。

確かに悲しいと思った。だがそれは女の死がではない。

 

どうせ死ぬのなら、私の手で殺したかった。